悲報:住所録を失うの巻

年賀状を書こうと思い、住所録を探したところ、どこを探しても出てこず。

色々探したが見つからず、よくよく考えてみたら、引っ越しの時に捨てたかもしれないという大ちょんぼをやらかしました。

 

はい、そういうことで、今年も(去年は初盆だったので出さず)年賀状は出さないことになりました。

メールで挨拶することにします。ごめんよー

ご褒美

全く買う予定もなかったのですが、ひょんな事から一眼レフカメラ(&レンズセット)を手に入れました。

ってなことで、非常に贅沢な環境が整ってしまいました。。。

左のD810Aは国家試験の合格祝いにと、家族からのプレゼントで右のD750を今回手に入れました。
すごいことに、両方ともフルサイズ!それもNikon!レンズが共通で使える!

。。。。というかですね、D810Aにはめてるレンズが「Nikon AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR」なんですが、これを中古品で購入しようとしたらD750本体が付いてきた。という棚からぼた餅的な出会いだったわけですよ。

そういう訳で(どんな訳だよw)
手持ちのレンズ群が以下のようになってしまいました。

  1. Nikon AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G
  2. Nikon AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR
  3. Nikon AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
  4. シグマ15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE
  5. タムロンSP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD
  6. vixenミラーレンズ500mm F6.3 DX

これって、小三元までリーチじゃないですかー(大三元レンズ・小三元レンズとは – フォトスク)「AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR」を購入すれば、小三元の完成ですが、さすがにそんなことはしません。というか、リスト4の超広角単焦点持ってるので、必要性がないんですよねー。

それよりも,天体メインなので、そっち系の機材が欲しくなってきた。赤道儀とか、鏡筒とか。。。

 

温度の不思議

仕事中に簡易懸濁法について話をすることがあります。そのときに使用するお湯の作り方で、ポットのお湯(95度)と水道水(約18度)を等量混合で55度程度のお湯が出来ますよ。と説明するんですが、学生時代にやってた家庭教師の時の学生からの質問をいつも思い出します。

中学2年生「100度のお湯と氷を同量混ぜても50度にならないのはなぜ?」 -> 大凡10度の水になるはず。(氷の融解熱が大凡333J/gとすれば、前記の値くらいになるはず・・・)(1)

この質問は、理科の授業で反応熱を勉強し始めた頃に出て来てた気がします。たぶん・・・。んでもって、ちゃんと説明して理解してもらった後に、次の問題を出すとチンプンカンプンになってしまうという罠があります。皆さんご注意を・・・

「100度のお湯と0度の水を同量混ぜると50度になる?」 -> 50度の水(お湯)、ただし水とお湯以外に熱が逃げなかったとする。(2)
「質量100gの0度の水と-15度の氷を同重量混ぜたら何になる?」 -> 0度の氷水、ただし(以下略 (3)

 

 

つまり、氷と水の違いが液体、固体だけじゃなくて、エネルギーが違うんだぞってのを教える難しさがよくわかる内容なんですよ。うん。今だから、難しいのが解るw

 

続きを読む 温度の不思議

星空写真のダーク減算について。

ライトフレームとダークフレームどっちを増やす? – Deep Sky Memories

ダークフレームを何枚とるかいつも悩んでましたが、上記記事でほぼわかりました。

ライトフレームを12枚ほど使うのが常套なので、ダークは4枚でやってたんですが、2枚くらいでもOKってことですね。それが一番時間が短く済むみたい。

お帰り、オーママ

3年前に亡くなった祖母のお骨が戻ってきました。なんというか、やっぱりお骨を目の前にすると思い出しますね。

これで一区切りついた感じがします。

おそらく、あっちの世界でもいろんなところを旅して色んな妖怪たちと仲良くなってるんだろうなぁ、と思ってます。

 

 

IC1805星雲?

ハート星雲とか言うヤツ。英語名では「Heart and Soul Nebulae」(IC1805とIC1848二つ併せて)だったかな。(スペルが怪しいけど。)

先月号の天文ガイド(11月号)に載ってたので135mm位の望遠で写ると言う話だったので、チャレンジしてみました。

うん、総露出7-8分程度じゃダメだね。30分以上開けてないとダメっぽい。

続きを読む IC1805星雲?

気がつけば置いてきぼりのエンコード界隈

タイトルの通り、しばらく弄ってなかったら、世の中H.265とやらが勢いを増してるらしいでは無いか。

ということで、休日を使ってH.265を触ってみた。

 

私のライブラリのmp4はホトンドがH.264での圧縮をしているの。25分のアニメ作品を400M位の大きさになるように圧縮してます。
好きな作品はもっと甘めの(容量が大きくなる)設定で圧縮するので、1G近くの容量になったりもしてますが。。。

そんでもって、調べたところ、同じくらいの画質でエンコードするとH.265は半分くらいの容量になるって話なので、これは再エンコードすれば良い感じになるんじゃなかろうかと思ったりもしてます。

保存用のNASが容量85%超えてピンチですし。)

ここから、面倒くさい内容になるので、スルー推奨。

続きを読む 気がつけば置いてきぼりのエンコード界隈

wordpressのヘッダーに動画を載せたい

動画ファイルの記載方法

外観 -> テーマの編集 画面に移動し、画面右のリストから、テーマヘッダー(header.php)ファイルを選択すると、コードが中央に表示される。その中に<head>~~~</head>を探し、終了タグの直前に以下の一文を入れる。

<video src=”動画ファイルのURL” poster=”動画説明を短く” width=”100%” autoplayloop></video>

動画ファイルのURLはアップロードした画面(メディアページ)でファイルを選択すると、画面右に表示されるので、それをコピー。

動画について。

トップ画面に出るので、出来るだけ綺麗であるほうが良い。しかし、HPが重くなるのは避けたい。

しかしながら、「綺麗な動画=サイズが大きい=HPが重い」 なので、注意したい。

HPを軽く綺麗にしたいので、動画の圧縮の設定(綺麗に見える設定)を見つけないといけない。この辺は専門的な話になるので端折ります。
大体の目安として、ファイルサイズが18MBくらいがいいかと思います。(ファイルサイズの目安とした情報。: 格安SIMの通信速度をガチ比較!主要MVNO16社に大手携帯3社を添えて | XERA をみて、大手三社の通信速度を35Mbpsとすると、単位換算で4.38MB/秒なので、3~5秒で読み込めるサイズがいいんじゃないかと考えたわけです。)

動画の作り方は今回端折ります。作り方は要望があれば書きますw。

ここで問題が。
wordpressではアップロードファイルの最大サイズを規定してあります。デフォルトで2MBだったと思います。
これを変更しないといけないんですが、二通りあります。この二つで変更できない場合は変更できないと思っていいので別の方法を考えないといけないですね。

アップロードサイズの確認。

メディアのアップロードページで「ここにファイルをドロップ」のエリアの下のほうに、「最大アップロードサイズ:2MB」のように表示があるはずです。これが30MB程度になっていれば、以下の設定変更は必要ありません。

php.iniを変更する方法。

契約しているサーバーの設定ファイルを変更する項目からphp.iniの設定を変更する画面に行き、以下の項目を変更する。または、php.iniファイルを直接変更する。

1.memory_limit:PHPプログラムが使用する最大サイズ(アップロードしたファイル全部を合わせたサイズがこの数字を超えると、何もアップロードすることができなくなる。ハードディスクが一杯です的な感じで断られる)
2.post_max_size:POSTデータの最大サイズ。(厳密には下のアップロードファイルの最大サイズとは違うのですが、大体同じと思ってください。)
3.upload_max_filesize:(アップロードファイルの最大サイズ)

1.を200MB程度に、2.3.を同じ30MBくらいにしておけばほとんど間に合うと思います。

 

.htaccessファイルを制作、変更する方法。

ファイルサーバーのホームディレクトリにある.htaccessファイルに以下を追加、または変更してください。

1.php_value memory_limit :PHPプログラム(wordpress本体)が使うことができる最大サイズ。
2.php_value post_max_size :POSTデータの最大サイズ
3.php_value upload_max_filesize :アップロードファイルの最大サイズ。

1.を50MBくらい、2.3.を30MB位かな。

 

以上で動画を載せることができますが、ぶっちゃけ、設定と動画の準備が9割なので地味な作業ですよね。HPに直接関係する作業ってのは、最初の<video>タグを入れるだけですし。

 

徒然なるままに書いた駄文日記