「徒然なる日記」カテゴリーアーカイブ

新しいレンズ

以前から気になってるレンズがあります。引っ越しの時に、不動産なんかで見る室内写真。最近は広角レンズ18mm位で取ったんだろうなぁと言う、撮って出しの雑なのが多いですが、ちょっとこだわった所に行くと、綺麗な室内写真を見せて貰える所もあります。

それとか、本屋さんで建築関係の本を眺めてみたり旅本を眺めてたりすると、違和感を感じる写真があったので、調べてみたら、普段は使わないレンズを使ってることが解ってきました。

その名も、「シフトレンズ」

と言うことで、この話、結構前なんです。で、気になってるんですが、何せ、高い!このレンズ構造的にイメージサークルを大きめに作らないといけないので、それだけでも高くなります。さらに収差も結構シビアな設計になるそうで。

まぁ、そういうことで、チェックリストには入ってるのですが、手が出せないレンズとして「PC-E Micro NIKKOR 45mm f/2.8D ED」が入ってた訳ですが、此奴じゃ無くて、「PC-Nikkor 35mm F2.8」の中古と出会ってしまったのですよ。こっちの35mmの方。かなり年配の方で、発売が 1980年11月。なんと私よりも年上。。。

とまぁ、そんなわけで、このレンズ使ってちょっと桜でも(全然意味ないじゃんw)取ってみました。

人吉城内、相良神社境内前桜
2020.03.29 人吉城桜並木 Nikon Z6、PC-Nikkor 35mm F2.8、1/800s F8 ISO400.Capture NX-Dで現像。

見てもらえば解るんですが、ボケが綺麗なんです。それに、古いレンズですから、オートってのが何も効かないw すべて手動なんですね。

久しく忘れていたカメラの楽しみを思い出しました。構図を決めて、絞りとシャッターを調節して露出を決めて、ピントを合わせて、、、さぁ、撮るぞ!と、のこの流れ、今のデジタルカメラではオート任せにしているせいで忘れがちなんですよね。

時間はかかるけど楽しいレンズです。35mmの単焦点になるんですが、案外良い物ですね。ちょっと広角側なので使い勝手悪いかなと思ったんですが、結構近くで取れるので、旅行に持って行く一本としては50mmよりも35mmの方が良いかもしれないです。DXクロップ使えば45mm位にはなるし。Z6の画素数だとクリップでも問題ないしね。


続きを読む 新しいレンズ

旧鯖の終了

トラブルに備えて、新鯖の裏でこっそりクローン稼働していた旧鯖が本日でお役目ごめんとなりました。

旧鯖はHP ProLiant MicroServer N54L PROLIANT-500をつかっていたのですが、当時、Amazonで15000円程度でした。調べてみたら、2014年9月に購入してたので、6年間の稼働ってことですね。

うん、想像よりも短かったな。予定では10年ほど使う予定だったのですが、技術の進歩が大きかったと言うことですな。

しかし、この6年で、メンテ、OSアップグレードで再起動はしましたが、連続する電源OFFは有りませんでした。そんな中でも一度も故障せず稼働したというのはすごいですね。録画サーバーも兼ねているので、結構な頻度でHDDも動くし、H264エンコードもしてたので、CPU100%に近い時間も結構あったと思いますが。

さて、旧鯖は本日から実験鯖に移行します。この筐体で上手く行ったら、新鯖に実装するための実験台ですね。それまではゆっくり休めてあげましょう。

あ、GROWIってのが気になってるんだった・・・(爆

H265 NVencが固まってきた

暫く試行錯誤してましたが、大体固まってきました。

目的は、録画したTSファイル、過去に録画して、あまあま(低圧縮H264)mp4を再エンコードして、容量を圧縮、保存すること。

本当なら、リサイズして1280か720位にしてビットレートを稼ぐのが良いのでしょうが、リサイズは嫌いなので、放送字のサイズを保ったままのエンコードを行います。

音声についても、基本は放送のママ。字幕なんかは切り捨ててますけど。

と言う条件でやっております。

読みにくいので、改行を挟みながらの記載にします。

/usr/local/bin/ffmpeg \
-hide_banner \
-ignore_unknown \
-dn \
-y \
-vsync 0 \
-hwaccel cuvid \
-analyzeduration 200M -probesize 200M \
-c:v h264_cuvid \
-deint adaptive -drop_second_field 1 \
-i input.mp4 \
-sn \
-c:v hevc_nvenc \
-vf hwdownload,format=nv12,yadif=0:-1:0,hwupload_cuda \
-preset slow \
-b_ref_mode 2 \
-rc vbr_hq \
-cq 30 -qmin 20 -qmax 40 -qcomp 0.6 \
-b:v 2M -maxrate 20M \
-rc-lookahead 50 \
-i_qfactor 0.75 -b_qfactor 1.1 -spatial_aq:v 1 -aq-strength 15 \
-c:a copy -fflags +discardcorrupt \
output(H265ReEncode).mp4

オプションの説明らしきモノ(誤解してる内容があると思うので、信用度は低いですよ)

  • -hide_banner:ffmpegを実行したときに出てくるVer情報とか、enableにしてるオプションの情報なんかを表示させない。
  • -ignore_unkown: 不明なストリームタイプを無視,
  • -dn: データを無効。
  • -y:出力ファイルが存在する場合、上書きする。
  • vsync 0: 映像の同期方法。 フレームをドロップ・コピーしてタイムスタンプをあわせることで映像を同期する。 (0,1,2を選べる。詳細はffmpeg Documentationを参照)
  • -hwaccel cuvid: HWエンコードでcuvidを明示.
  • -anaryzeburation 200M -probesize 200M
  • -c:v h264_cuvid(インプットファイルの前に書いてあるヤツ):入力ファイルをデコードするデコーダーを指定。
  • -deint adaptive -drop_second_field 1
  • -i input.mp4 :入力ファイル。
  • -sn:字幕出力しない。
  • -c:v hevc_nvenc:出力ファイルのエンコードをH265のNVEncで行うように、エンコーダーを指定。
  • -vf hwdownload,format=nv12,yadif=0:-1:0,hwupload_cuda:hwdownloadでハードウェアフレームをシステムメモリへダウンロードする。hwupload_cudaで システムメモリフレームをハードウェアサーフェスにアップロードする。 らしいが、詳しくは解らん。 format=nv12は色空間の指定。 yadif=0:-1:0は、インターレース解除で有名なヤツ。オプションは”一番メジャーなインターレース解除フィルタ yadif | ニコラボ”を参照して下さい。
  • -preset slow:11種類あるので、好きなのを選ぶ。詳細は”ffmpeg -h encoder=hevc_nvenc”を参照すればOK。
  • -b_ref_mode 2:Bフレーム対応のGPUだと有効にできます。(1660Superより上位のRTXシリーズだと対応してるっぽい。”ASCII.jp:GeForce RTX&新NVENC、OBSで高画質ゲーム配信できるって本当? (2/8)“を参照
  • -rc vbr_hq:プリセットのレートコントロールを上書きする。
  • -cq 30 -qmin 20 -qmax 40 -qcomp 0.6: 品質指定(0-51)、最低品質、最高品質を指定、 q値をどのくらい変動させてよいかの尺度らしい。
  • -b:v 2M -maxrate 20M:ビットレートを指定。0に設定するとcqに沿って行う(ビットレートは最大値までの間でcqを満たす値でエンコードされる)が、0以外の値を指定すると、こっちが優先で、cq値が合わなくなってくる。(主にビットレートが足りないときには指定したcq値よりも大きくなる。)
  • -rc-lookahead 50 :レート制御のために先読みするフレームの数。
  • -i_qfactor 0.75 -b_qfactor 1.1 -spatial_aq:v 1 -aq-strength 15
  • -c:a copy -fflags +discardcorrupt
  • output(H265ReEncode).mp4:出力ファイルの名前、適当にどうぞ。

ぱっと見は分かりませんが。

本日より、鯖くんが新しくなりました。休日を使ってチマチマと設定をして、ほぼ一月かかりました。

設定でドツボに何度嵌まったことか。向け出すのに前よりも時間がかかるようになったのは年のせいでしょうか・・・すっかり時代に取り残された気がしますね。

ということで、試験運用中になるので、しばらくは不安定化と思いますが、気になさらず・・・お願いします。

どうか、不具合が出ませんように(切実

QSV、NVENC、とはなんぞや。(エンコード関連)その1

久しぶりに、サーバーが不調になりまして、そろそろ物理的なサーバー交換を考えないといけないのかなと思っておりまして、それならば、エンコード関連も見直さないといけないジャマイカ。

ってことで、新サーバー候補の、ほこりをかぶったCore i5 2500を引っ張り出して、こいつは使えるのか、試行錯誤してるところです。

その途中で気になったのが、ハードウェアエンコードという言葉。

以前にサーバーを構築した際にもあったのですが、画質が悪くて選択肢にも上らなかったと記憶してますが、今現在はどうなんでしょうか。ということで、覚書としてここに残すことにしました。

続きを読む QSV、NVENC、とはなんぞや。(エンコード関連)その1

学術大会

下関で会った学術大会に参加してきました。

Drの透析学会なんかには、顔を出したことがあったので、まぁなんとなく分かってたのですが、やはり雰囲気は大分違いますね。

Drと薬剤師の違いなんだろうか。まぁ、日頃のストレスは、参加してたレセコンメーカーの営業に八つ当たりして発散できたのでよしとしましょう。

ご無沙汰ですが

ちゃんと生きてますよ。

書くネタが無くてね。最近は星の写真も撮りに行ってませんし、話題になりそうな、差し障りの無いネタもありませんし・・・

そろそろ、鯖の更新なので(金欠で引き延ばし中w)その記事が作れたら良いなぁと思いながら、まだ全く手をつけてませんw

とまぁ、なんとか生きてます。