「星空、カメラ、などなど」カテゴリーアーカイブ

オリオン座流星群

明日の夜~朝方にかけて見やすいんだそうです.
方角は東のオリオン座の辺り.
今回は月明かりが少ないので,見やすいそうです.
結構な数が見られると言う事なので,興味のある方は見てみると楽しいですよ.

オリオン座流星群
10月中旬から下旬にかけて流れるのが、このオリオン座流星群です。みずがめ座η(イータ)流星群とともに、母天体がハレー彗星(1P/Halley)であることが知られています。
これまでは、熟練者が観察しても1時間あたり20個を超えることはあまり無かったのですが、2006年に突然1時間あたり60個以上、観測者によっては100個を超える流星数が観察され、にわかに注目されています。これは、ダスト・トレイル理論の研究により、およそ3000年前にハレー彗星から放出された塵によって流星数が増加したものだと報告されています。なおこの研究によれば、塵は2006年~2010年頃で接近傾向にあり、2009年もやや活発な流星出現が観察される可能性があります。
極大は、これまで10月21日頃とされてきましたが、2006年の大出現では3~4日間も活発な出現が続き驚かされました。この傾向は2009年も続いていると考えられ、10月19日頃から25日頃まで目が離せない状況です。
ちなみに流星は22時頃から流れ始めますが、放射点が高くなる0時過ぎから本格的に流れるでしょう。極大付近は月明かりの影響もありませんので、日付は10月21日をはさんだ数日間、時間帯は深夜0時頃から明け方までが観察におすすめです。はたして、流星がどのくらい見られるのか、ぜひ注目してみましょう。

国立天文台HPより抜粋