覚え書き

投稿者:arrumis

 

双眼鏡、望遠鏡の倍率とカメラの焦点距離

正確じゃないけど、単純に

(双眼鏡の倍率)x50㎜ = カメラの焦点距離

 

bps

b = bit (1バイト = 8ビット)
p = par
s = second
つまり、日本語に直すとしたら「1秒当たりのビット数」

Mbps→MB/s
100Mbps / 8 = 12.5MB/s

MB/s→Mbps
12.5MB/s * 8 = 100Mbps

インターレース

  • フレーム:
    映像の一コマ。完全な1枚絵。プログレッシブとも言う
  • フィールド:
    TV放送映像の一コマ。シュレッダーにかけたような、ブラインドごしに窓の外を見るような、切り刻まれた絵。インターレースドとも言う。
    TV放送がフィールド構造なのは当然だが、DVDの中の映像は規格上、フレーム構造とフィールド構造のどちらでも良い。
    日本のHDTV規格の1024iはインターレース(フィールド構造)。国外のHDTVは、地域や放送局の違いで720pと1024iが混在らしい。
  • 映画カメラ:毎秒24000/1001フレーム
  • TVカメラ:毎秒 60000/1001フィールド(=30000/1001フレーム)
  • テレシネ変換:
    映画をTV放送する際にB)にフレームを水増しし、さらにフィールド構造に切り刻む事。
  • 逆テレシネ変換:
    テレシネ変換された映像からA)を再合成する事。
    カメラ撮影時点ではインターレースは無いので、優れた逆テレシネフィルタはほぼ完璧な映像を復元可能。
    fpsは24000/1001になるので、TVカメラ撮影素材に使うと、インターレース縞が取りきれない上に動きの速い箇所が「カクツく」事になる。
  • インターレース解除:
    2枚のフィールドから1枚のフレームを合成する事。
    完璧なインターレース解除は存在し無い。
    なぜなら2枚のフィールド間には約1/60秒の時差が存在し、単純合成してもシマシマが残るから(場面による)。
    また、毎秒60000/1001フィールドの映像を毎秒30000/1001フレームに減らす事になるので、動きの激しい箇所が「カクツく」事になる。

cron.dの*****の意味

分 時 日 月 曜日 ユーザ コマンド ログファイル 2>&1

*/3だと、3分毎、3時間毎、三日毎、と言う意味。
2-8だと、2~8分の間、2~8時間の間,2~8日の間、という意味。
0=日、1=月、2=火、3=水、4=木、5=金、6=土、7=日

* 4 * * * -> 4時毎分に実行60回ってこと.
* * 2 * * -> 毎月2日の毎時毎分に実行3600回ってこと.

||2015年11月4日|3:06 PM|覚え書き はコメントを受け付けていません。