結構な違いがあるのだね。

知的財産の保護期間が終了した医薬品(先発品)に対し、同じ成分を含む廉価な薬を一般的にジェネリック医薬品と呼ぶ。ジェネリック医薬品は先発品と成分が同じであり、また先発品と同等の効き目を証明する試験や承認申請が行われていることから先行品と同じ効果が期待できるが、ジェネリック医薬品を嫌う医師や患者も少なくない。しかし、その理由の多くは単なる心理的なものなのだという(弁護士ドットコムニュース)。 医師によっては先発品メーカーとの付き合いがあるという理由でジェネリック医薬品を拒否する人もいるそうだが、患者側の理由の多くは根拠がないもので、例えば先発品も中国で作られているにも関わらずジェネリックを「中国製だから嫌だ」と拒否したり、また先発品も添加物が異なる複数の銘柄があるにも関わらず、ジェネリックは「添加物が違うから嫌だ」と拒否する例もあるという。 また、厚生労働省の薬価改定により、今までジェネリックだったものが先発品になったり、逆に先発品だったものがジェネリックとなる事例もあるという。先発品メーカーがその権利をジェネリック医薬品メーカーに売却し、先発品をジェネリック医薬品メーカーが製造販売しているというケー

情報源: ジェネリック医薬品を拒否する科学的理由は存在しない? 先発品がジェネリックになることも | スラド

見るべきはコメント欄。

面白い話だが、医療系のコミュニティでこの話題が出たときのコメント欄と一般の記事で出たときのコメント欄の違いが面白い。こんなに差があるのかとも思う。

まぁ、この「差」が一般人と医療人の違いなのだろうけど。この差を埋めないことには国の主導する病気は自分で管理するという世の中にはならないだろうね。その前に、個人的には今の医療体系はそう長く続かないと思ってたりする。

ゾロ医薬品
ジェネリック医薬品が出回り始めた頃、ジェネリックのことを「ゾロ」と呼ぶ関係者がある程度いた。この「ゾロ」の意味は「特許が切れた途端にゾロゾロと出てきた質の一定していない薬」という意味だとか。(諸説有り)当時の混乱を知る医師などは、その頃に発生した粗悪品、流通不安定などから、良い印象が無く、未だにジェネリックに忌避感を持っているのかと思う。何はともあれ、今現在のジェネリック促進は国が主導していることなので、患者がどんだけ先発希望をだしても、病院か薬局か、はたまた年一度の支払基金から来る通知書によって、ジェネリックに誘導され、気がついたら「飲まされている」という事になる。

いろいろ書いたが、これが良いのか悪いのか、それは政治のお偉い方々の尊いお考えのことでしょうし、問い合わせてもご高説を頂くだけなので、下級市民は唯々諾々と従うしかないのですよ。