自宅サーバーのエンコード現状

2月中旬から自宅サーバーをリニューアルし、(と言っても、眠ってた第2世代インテルcore-i5 2500なんだけれど)録画サーバーもEPGStationに変更し、いろいろと設定していました。

何をしていたかというと、録画した番組をH265で圧縮するのに、CPUが貧弱なので、グラフィックボードのGPUを使ってある程度の速度を確保しながらのエンコードをしようと挑戦してました。

んで、現在の結論としては、H264のエンコードを考えなければ、保存用には向かないけど、大分良い感じだね。

という、元も子も無い(h264よりも同ビットレートなら画質が良いという理由でh265を選択している)結論に落ち着きました。

ってか、H264でも十分保存できるなぁと思ってしまったのが、運の尽き。かもしれません。

とまぁ、そういうことで、EPGStationにはH265_nvencのエンコードを実装するのを諦め、ある程度貯まってきたら、パワーのある、メインPCでTMPEGEncを使って圧縮することにします。

自動で保存するほどの設定でH265圧縮するには、サーバーのCPUを良いのにするしか無いかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください