どこまで進化するんだ・・・

nemui4 曰く、

アダルト製品を手がけるRealDollが、「喋るラブドール」を開発しているそうだ(Engadget JapaneseMailOnline)。

「このロボットは、生身の人間と交際することが難しい人に、交際がどのようなものかを体験してもらいたいというアイディアから生まれました」とのことで自宅警備員にも優しい。日本マーケットなら、ツンデレやヤンデレやら百を超える性格が要求されそうで大変。

このデバイスは「Harmony 2.0」という名称で、スコットランドなまりで喋り、「内気」「性的」など18種類の人格を選択できるという。また、会話の内容を記憶しておく機能もあるそうだ。

情報源: 皆さんお待ちかねの喋るラブドール登場 | スラド idle

 

こんなニュースを見ました。。。

日本には、70年代から続く、オリエンタルな名前の工業会社がすげーの作ってるから、もしかすると、、、って思ってしまうね。
何に価値を見出すのかで、特徴がだいぶ変わってくるんだろうね。