映画二本立て

投稿者:arrumis

発表が近いせいか、情緒不安定です。結果は出てるんだから、今更悩んでもしょうが無いと解っていても、だめなようです。
ってなわけで、黄昏時はダメです。相当に後ろ向き思考になってしまいます。

と言うわけで、唐突に映画を見て気を紛らわすことにしました。
とはいえ、何が上映されてるかも解らない・・・、まぁ、映画館に行って決めるか。というノリで行ってきました。
その雑感です。

今更の「君の名は。」、公開が始まってることを知らなかったが、みたいと思ってた「ひるね姫」の二本。

・君の名は:今更過ぎて雑感もひったくれもないんですが、個人的には「面白いけど・・・でも・・・」って感じです。というのも、エセ天体少年(ぇ?少年じゃない?そうですが、あえてw)としましては、映画の肝である、彗星の描写がね、、、画面に出るたびに「違う!」って言いたくなるんですよ。彗星の尾はあんなに湾曲しない!とか、彗星核が割れたらあんなきれいな直線になるはずナイ!とか、天の川なのに、あの星座がない!とか・・・・・気になる気になるwwww
フィクションなんだから、気にしちゃダメだよ、と言い聞かせながら見てたので、こんな感想になったんです。
しかしまぁ、新海誠監督の世界観がそのまんまの映画だったので、安心して見られた、というのは大きいですね。

・ひるね姫:こちらは神山健治監督の作品。神山監督の作品は好きなので見ようと思っては居たのだが、公開されてたことを全くチェックしてなかったので、慌てたよ。見逃すところだった・・・・。個人的には、「君の名は」よりもこっちが面白いなぁ、という感じ。
ロボット有り、ファンタジーあり、なもんで気がついたら、ラストシーンだったと言う、久しぶりの没入して見た映画だったなぁと。

 

 

で、結論。

「訛った女の子、かっわええのぉぉぉ」  (ぉぃこらw)

徒然なる日記|2017年3月27日|8:48 AM|映画二本立て はコメントを受け付けていません。			



コメントは受け付けていません。

« »