TmpegEnc,ffmpegどっちを使う?

ソースは30分アニメ(m2ts形式ファイル、CMカットなど編集してるので、実質24分前後)

現在の環境は第二世代Core i 5なので、エンコードにはちょっと時間がかかる。なので、できるだけきれいにそして短い時間で終わることが望ましい。相反する命題なんで、無理だとは解ってるけど!w

まぁ、x265にも興味があったので、実験がてら、タイトル通りのことをしてみました。

 

結果、90秒のサンプルを用意し(BS11放送うたわれるものOP使用)同じ設定でどちらがどのくらいの時間がかかるか。を見てみたところ、
ffmpegをpowershellで動かした時が、4分47秒。
TmpegEncが6分8秒

 

うん、こりゃ、ffmpegが早いな。90秒で2分の差、つまり24分だと32分の差となるわけだ。これが50本あるとしたら、1600分、つまり約26時間分時間がかかることになる。ちなみに、50本のエンコードはだいたい2日ちょっと。まぁ、これが、3日になろうがあまり影響はないんだけど、(エンコ専用マシンなので)消費電力考えると、結構悩ましい時間でもあるw

 

ちなみに、メインマシンの第6世代Core i 7で同じ実験をしたところ、ffmpegで2分26秒。TmpegEncで4分41秒。

やっぱりffmpegの方が早い。

 

ということで、x264のままであるならば、ffmpegのバッチエンコでしばらくは続けそうです。

 

x265が実用的な時間でエンコードできるようになったらまた考えるかも。