H265 NVencが固まってきた

暫く試行錯誤してましたが、大体固まってきました。

目的は、録画したTSファイル、過去に録画して、あまあま(低圧縮H264)mp4を再エンコードして、容量を圧縮、保存すること。

本当なら、リサイズして1280か720位にしてビットレートを稼ぐのが良いのでしょうが、リサイズは嫌いなので、放送字のサイズを保ったままのエンコードを行います。

音声についても、基本は放送のママ。字幕なんかは切り捨ててますけど。

と言う条件でやっております。

読みにくいので、改行を挟みながらの記載にします。

/usr/local/bin/ffmpeg \
-hide_banner \
-ignore_unknown \
-dn \
-y \
-vsync 0 \
-hwaccel cuvid \
-analyzeduration 200M -probesize 200M \
-c:v h264_cuvid \
-deint adaptive -drop_second_field 1 \
-i input.mp4 \
-sn \
-c:v hevc_nvenc \
-vf hwdownload,format=nv12,yadif=0:-1:0,hwupload_cuda \
-preset slow \
-b_ref_mode 2 \
-rc vbr_hq \
-cq 30 -qmin 20 -qmax 40 -qcomp 0.6 \
-b:v 2M -maxrate 20M \
-rc-lookahead 50 \
-i_qfactor 0.75 -b_qfactor 1.1 -spatial_aq:v 1 -aq-strength 15 \
-c:a copy -fflags +discardcorrupt \
output(H265ReEncode).mp4

オプションの説明らしきモノ(誤解してる内容があると思うので、信用度は低いですよ)

  • -hide_banner:ffmpegを実行したときに出てくるVer情報とか、enableにしてるオプションの情報なんかを表示させない。
  • -ignore_unkown: 不明なストリームタイプを無視,
  • -dn: データを無効。
  • -y:出力ファイルが存在する場合、上書きする。
  • vsync 0: 映像の同期方法。 フレームをドロップ・コピーしてタイムスタンプをあわせることで映像を同期する。 (0,1,2を選べる。詳細はffmpeg Documentationを参照)
  • -hwaccel cuvid: HWエンコードでcuvidを明示.
  • -anaryzeburation 200M -probesize 200M
  • -c:v h264_cuvid(インプットファイルの前に書いてあるヤツ):入力ファイルをデコードするデコーダーを指定。
  • -deint adaptive -drop_second_field 1
  • -i input.mp4 :入力ファイル。
  • -sn:字幕出力しない。
  • -c:v hevc_nvenc:出力ファイルのエンコードをH265のNVEncで行うように、エンコーダーを指定。
  • -vf hwdownload,format=nv12,yadif=0:-1:0,hwupload_cuda:hwdownloadでハードウェアフレームをシステムメモリへダウンロードする。hwupload_cudaで システムメモリフレームをハードウェアサーフェスにアップロードする。 らしいが、詳しくは解らん。 format=nv12は色空間の指定。 yadif=0:-1:0は、インターレース解除で有名なヤツ。オプションは”一番メジャーなインターレース解除フィルタ yadif | ニコラボ”を参照して下さい。
  • -preset slow:11種類あるので、好きなのを選ぶ。詳細は”ffmpeg -h encoder=hevc_nvenc”を参照すればOK。
  • -b_ref_mode 2:Bフレーム対応のGPUだと有効にできます。(1660Superより上位のRTXシリーズだと対応してるっぽい。”ASCII.jp:GeForce RTX&新NVENC、OBSで高画質ゲーム配信できるって本当? (2/8)“を参照
  • -rc vbr_hq:プリセットのレートコントロールを上書きする。
  • -cq 30 -qmin 20 -qmax 40 -qcomp 0.6: 品質指定(0-51)、最低品質、最高品質を指定、 q値をどのくらい変動させてよいかの尺度らしい。
  • -b:v 2M -maxrate 20M:ビットレートを指定。0に設定するとcqに沿って行う(ビットレートは最大値までの間でcqを満たす値でエンコードされる)が、0以外の値を指定すると、こっちが優先で、cq値が合わなくなってくる。(主にビットレートが足りないときには指定したcq値よりも大きくなる。)
  • -rc-lookahead 50 :レート制御のために先読みするフレームの数。
  • -i_qfactor 0.75 -b_qfactor 1.1 -spatial_aq:v 1 -aq-strength 15
  • -c:a copy -fflags +discardcorrupt
  • output(H265ReEncode).mp4:出力ファイルの名前、適当にどうぞ。