獅子座のトリオ、アンドロメダ大星雲

オートガイダーの練習がてらにカメラを向けてみました。

8枚中、ガイド状態が1.1以下に収められたのは、2枚。まだまだ使い方が間違っているようです。

キャリブレーションで、赤緯方向がどうしてもエラーになってしまう原因が分からないんですよね。
おそらく、ガイド信号出しても、動かないor動きが鈍いのが原因かなぁと。そのくらいしか分かってないんですよね。

2018.02.23 M65-M66-NGC3628 獅子座のトリオ
NikonD810A、VIXEN SD103S+フラットナー+レデューサー(624mm)、赤道儀:sky-wacher EQ5 GOTO、ISO6400、F:6.4、(露出360s、5枚コンポジット)、ステライメージ8編集
2018.02.23 M31-M32-M110ーアンドロメダ大星雲
NikonD810A、VIXEN SD103S+フラットナー+レデューサー(624mm)、赤道儀:sky-wacher EQ5 GOTO、ISO6400、F:6.4、(露出60s、17枚コンポジット)、ステライメージ8編集

オートガイドの練習。

赤道義を新調した際に、オートガイド(QHYCCD オートガイダーQHY5L-IIM)もセットで購入したのですが、その練習をしているのですが、なかなかどうして、うまくガイドできません。

オートガイドをONにしたほうが星が流れるって逆転現象が起こっています。

昨日やっと原因はこれかな?ということまでわかったのですが、検証するためにまだしばらくは試行錯誤しないといけません。

そんな中、成功した写真を使ってのやっつけ合成です。

 

D810A 624mm ISO6400 90秒 4枚コンポジット
2018.02.08 オリオン大星雲
NikonD810A、VIXEN SD103S+フラットナー+レデューサー(624mm)、赤道儀:sky-wacher EQ5 GOTO、ISO6400、F:6.4、(露出90s、4枚コンポジット)、ステライメージ8編集

 

2018.02.08 NikonD810A、VIXEN SD103S+フラットナー+レデューサー(624mm)、赤道儀:sky-wacher EQ5 GOTO、ISO6400、F:6.4、(露出90s、4枚コンポジット)、ステライメージ8編集
2018.02.08 馬頭星雲
NikonD810A、VIXEN SD103S+フラットナー+レデューサー(624mm)、赤道儀:sky-wacher EQ5 GOTO、ISO6400、F:6.4、(露出90s、4枚コンポジット)、ステライメージ8編集

 

オリオン大星雲の難しいところは、周りのガスを見せようとすると、中心部分が真っ白に色飛びしてしまうんですよね。これをどうにかしたいんですが、そこまでの技術はまだまだ私にはないようです。

解除と書いてレリーズと読む

はい、タイトル見て分かるように「さくら」ネタですね。(リンク先には音声&映像があります、ご注意を)

クリアカード編が始まりました。アニメ第一作が1998年~2000年なので、その頃は私が高校生でしたね。
ふと思い出したが、夕食時間帯に放送されてたので、母と二人で見てた記憶が・・・ww
今思うとすごい絵面ですねwww

閑話休題

今回のクリアカード編ももちろん見逃すはずはないですよ!

まぁ、録画ですけどねwさてさて、撮りためた一月分をまとめて見ますか・・・